151cmで大型二輪免許持ちのちびライダー。教習やライスクに疑問がある方は、カテゴリ質問・疑問まとめへ。リンクフリーサイトです。


by smallrider
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

府中セーフティライディングスクール4

こんにちは。
毎日ぽちぽち人気ランキング押してくれている方、ありがとうございます。
どうせ…と思って確認していませんでしたが、
応援してくださる方がいらっしゃったので、とてつもなく嬉しいです。


初めての方でもコメントしやすいブログを目指しているのですが、中々上手くいきません…
その点は非常に申し訳ないと思っています。
私自身チキンなので、コメントにどれだけ勇気がいるかは把握していて、
何とか環境を整えたいと思うのですが、力不足で至らなくて申し訳ない次第です。

また、連続して読んでいないとわかりづらい記事が続いてしまって申し訳ありません。
1つの記事に全て説明を詰め込んでしまうと、
スクロールが大変、まとめからリンクしたときに探すのが大変、ということがおきるので
分割して書かせて頂いております。
なるべく早く消化しようと思いますので、もうしばらくお付き合い下さい。


前回からの続きです。

Q.9 グループ分けってどうやって分けてるの?

このライディングスクールでは、基本的に3つのグループに分かれます。
分け方はざっくり①初級②中級③上級となります。
やることは一緒ですが、周りのスピードが違います。
上に行くほどスイスイで、みなさんお上手です。

◇初参加で技術も未熟な方
黄色(初参加)の人数が多ければ、①初級が黄色だけで編成されることもあります。
黄色の数が少なければ、①初級と②の中級、どちらに入るか選択することもあります。
この場合は①初級に緑が多く、②に青と少し緑…という編成になります。
指導員の数がそれなりで、あまりにも未熟な方がいると、この3グループの他に
特別枠で超初心者グループが編成されることもあります。

◇初参加で技術はそれなりの方
上にもあるように、黄色というだけで初心者というレッテルを貼られてしまいます。
技術を持っていても、黄色の数が多いとそれだけでグループを作られてしまいます。
それが嫌な方は、グループ分けの際指導員に申し出て、
自分の行きたいグループに入れてもらって下さい。
そのようにして上のグループに入れてもらっている方を見たことがあります。
私は逆で、緑ですが黄色のグループに混じります。
状況を見て、臨機応変に対応してみて下さい。

黄、緑、青、赤、それぞれの割合を見て決定されるので、これ!という編成方法はありません。
心配な方は初級グループに属していれば、周りから迷惑がられることもありません。


Q.10 グループに分かれた後はどうするの?

①課題走行、②二輪コースでのコーススラローム、③四輪コースでのスラローム(←内容は変動します。)
という3つの課題をグループごとで回していきます

c0232584_17484722.jpg
四輪コースの使用道路は大体の広さとしてとらえて下さい。

このグループはこの課題から!というような順番は決まっていませんが、
ブレーキングの練習が終わった後の配置的に、初級グループは
四輪コース→二輪コースでのコーススラローム→課題走行(多分)という順番になるのでは
ないかと思います。(本当に多分です。)

移動方法や休憩時間はきちんと指示があるので、それに従って下さい。
コースがわからない人のために、最初にみんなで一度順序どおり走行します。
普通にしてればわからなくなることはありませんのでご安心を。


Q.11 課題走行って何するの?

課題走行では、二輪コースの設備を使って、
千鳥走行、平均台、波状路、S字(8の字なことも。)、スラローム
という主に低速走行の訓練をします。

ざっくりこんなかんじです↓
c0232584_18223161.jpg
①千鳥走行 ②平均台 ③スラローム ④波状路 ⑤S字(又は8の字) ⑥スラローム
※1 結構狭いので回りにくいかもしれません。気をつけてください。
    回れないようなら押して歩くのもありです。
※2 平均台は2つあります。どちらを使っても大丈夫です。
    但し、次にまた※1があるので気をつけて下さい。
※3 波状路は、怖い人、スクーターの人などはパスして次に行けますのでご安心を。
※4 ⑥のスラロームの入りはきつくなっていたりします。
    (後から状況に応じて緩めな配置になったりします。)
※5 ⑥のスラローム後半はわざとパイロンが等間隔でないことがあります。
※6 屋根の下は道路なので通れます。

初心者なのでアドバイスは出来ても平均台くらいです。ご了承下さい…


Q.12 二輪コースでのコーススラロームって何するの?

課題走行で使っていない残り半分を使用して、クランクなどを走行します。
スピードは課題走行とは違い、スムーズさを要求されます。

ざっくり↓
c0232584_18562146.jpg
①クランク ②S字 ③Uターン ④スラローム
※1 速度の出し過ぎに注意。
※2 S字から出て左折→右折の後、少し右にそれるカタチになっています。
    うっかりするとぶつかるので注意。
※3 ③のUターンより、それが終わってクランクに入るときのUターンで
    渋滞が大体おきます。つまってる場合は注意。
※4 坂道のスラロームです。


私は、坂道で前の人が急に止まってこけたことがあります。
その方は倒れていたパイロンを親切にも直すために止まったのですが、
心の準備が出来てない&スラローム中で足がつかない私は
見事にこけました。
指導員の方に手伝って頂き、なんとかバイクを起こしました。

前の人とは十分距離をあける。
後ろの人のことも考え、余計なことはしない。
この2点を守っていればこのような事故は起こらないと思いますので、
初心者のためにみなさんご協力をお願いします。


Q.13 四輪コースでのスラロームって何するの?

私はまだ4回ほどしか参加していませんが、スラロームになる前は8の字をやっていました。
2,3人で組み、四輪コースにおかれたパイロン2つをそれぞれぐるぐる回る…
というかんじでした。
初参加のときは中級のグループにいたので、間隔がとても狭く、
その上3人でやったので凄く大変でした。
8の字だけは集中的に指導して頂いたことがあるので、なんとか出来ましたが、
あまりにも狭かったので1人ずつやっている組もありました。

そんな四輪コースでの訓練だったのですが、最近はメニューが変わって
スラロームをやっています。

とりあえずここ最近の初級グループのスラロームの様子です↓
c0232584_19572835.jpg
①坂道に逆行するスラローム。上でも下でも好きな方で大丈夫です。 ②Uターン
※1 ここのスラロームは、ブレーキを使わずにやってみようという指示がありました。

中級、上級の方の様子を見ていましたが、やはり初級とは異なっているようでした。
もしかしたら8の字をやっているのかもしれません。

四輪コースのメニューは定期的に変わるのか、それとも最近変えたのか、
どちらなのかは私にはわかりませんが、雰囲気だけでも掴んで頂ければ幸いです。


なお、この3つの課題は常にぐるぐる回っているわけではなく、
人数が多いので待ち時間が出来ます。
①課題走行…千鳥走行、波状路、S字の前など
②二輪コーススラローム…①クランクの前
③四輪コース…スラロームの始まり
以上のようなところで列を作って待つことになるので注意して下さい。
燃費悪い!という方や、低速走行苦手!という方は、
押して歩くのは大丈夫なので、そのように対処して下さい。


ざっくりで申し訳ありません。
[PR]
by smallrider | 2012-02-07 19:34 | ライディングスクール