151cmで大型二輪免許持ちのちびライダー。教習やライスクに疑問がある方は、カテゴリ質問・疑問まとめへ。リンクフリーサイトです。


by smallrider
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

二輪免許取得のきっかけ。

こんばんは。
就活していると、何故二輪の免許を取ろうと思ったのか面接で聞かれます。
上手くしゃべれるよう、ここで理由をまとめてみようと思います。


きっかけは、3月11日の大震災です。
地震が起こった後、ツイッターなどで周りの人が有益な情報を交換しているのに、
自分に何も出来ることがないことを、私はそのとき初めて気がつきました。

車の匂いが苦手で、車酔いが酷かったため、四輪の免許さえ持っていませんでした。
なので、現地に行くことも出来ず、ただ毎日募金をすることしか出来ませんでした。

そんな中、バイト先の店舗に本社から配布される小冊子の情報誌のようなものがあるのですが、
ガソリンが不足している被災地に、ガソリンスタンドのオーナー自らが
ガソリンを届けたという記事を見ました。
何でも、大型免許をもっている人が不足していて、ガソリンの寄付はあるものの
現地まで中々持っていけないとのことでした。
そのオーナーさんは、大型免許と危険物取扱者の免許両方を持っているので、
自分のスタンドの残りのガソリンを、自ら車を運転して運んだとのことでした。

私はこの記事を読んで、四輪の免許を所得しようと決心しました。
大型の取得も考え、折角ならということもあり、MTで教習を受けました。

また、震災後に見た動画で、被災地をバイクで走行している動画があり、
そこで、道が車や瓦礫で塞がっていて交通止めになっているところを、
バイクということと、支援物資輸送のためということで通らせてもらった。
というようなことがありました。
この動画を見た後、私は二輪の免許取得を決心しました。

バイクなら車で道が渋滞しているようなときでも、病人を後ろに乗せれば
すいすい進むことが出来ると思いました。
燃費もいいし、緊急時の移動手段としてはかなり優れているのではないかと考えました。
そして、緊急時に近くにあるバイクを借りるときのことも考え、大型まで取得しようと思いました。

ここまでは大体きっかけのお話です。

実際に行動に移すことができたのは、やはり運転が楽しかったからだと思います。
四輪の教習を受けているとき、指導員の方に何故この仕事をしているのか
聞いたことがあります。
答えはいつも「運転が好きだから」というもので、心から仕事を楽しんでおられるようでした。

二輪の教習の指導員の方々は本当に面白い方が多く、
教習生の方々にもたくさん声をかけて頂けて、本当に楽しく教習を受けることが出来ました。

今ではバイクは趣味の1つとして、様々な人と関わるためのツールとしても
必要不可欠なものとなっています。
電気料金を確認に来て下さったおじちゃんとお話したり、
ライディングスクールで沢山の方とお友達になったり、
夏には北海道に行って、沢山の社会人の方とお話したいと思っています。

全然知らない人とでも話すきっかけになってくれるので、バイクにも凄く感謝しています。
就活を前に貴重な経験が出来て、本当に良かったです。

みなさん、これからもよろしくお願いいたします。
[PR]
by smallrider | 2012-02-12 21:17 | 日常