151cmで大型二輪免許持ちのちびライダー。教習やライスクに疑問がある方は、カテゴリ質問・疑問まとめへ。リンクフリーサイトです。


by smallrider
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Uターン。


こんばんは。
今日は府中セーフティライディングスクールではなく、
もっとより初心者向けのスクールに行ってまいりました。
場所の関係上、名前は伏せた方が良いと聞いたので、
内容だけご紹介したいと思います。
あと、しばらくやっていなかったせいか、センタースタンドがたてられなくなっていました…
ほいほいやっていたのが嘘のようです。
相当なショックを受けました…!

私が今日練習したのは、ずばりUターン、これだけです。
とても勉強になる内容でしたので、詳しくご説明できればと思います。

Uターンのやり方①
※初心者向けのものになります。上級者はまた異なるのでご注意下さい。

①クラッチは切らない
右折時や左折時、クラッチを切っていませんか?
バイクをバンクしても倒れないのは、前に進もうとする駆動力があるからです。
これを、スピードが出過ぎたり、曲がりきれないと思ってクラッチを切ってしまうと、
バイクは簡単に倒れてしまいます。
経験がある方も多いのではないでしょうか。
Uターンをするときはクラッチを切らず、スピードの調節はリアブレーキで行います。
リアブレーキをかけて、アクセルを少しあけて(最初はやらなくてもいいです)
後ろのタイヤを引きずるようにして走行します。

②バンクはさせすぎない
バンクは、サイドスタンドを出しているときの傾きで十分です。
それ以上はやり過ぎなので、スピードを落としてください。

③目、肩、腰!
バイクは見た方向に曲がって行きます。
曲がりきれない…!と思って前のガードレールばかり見ていると、
そこに突っ込みます。

Uターンをするときは、まずパイロンを凝視。
     ↓
パイロンの後ろに指導員の方がいるので、上半身を凝視。
     ↓
進行方向のなるべき遠くのもの(フェンスなど)を凝視。

というように、視線は段々移り変わっていきます。
Uターンは180度方向が変わるものなので、目線は真後ろを向くようにします。
大げさかと思われるかもしれませんが、リアシートが視線の端に
見切れるくらいまで振り向きます。

しかし目線だけでなく、
肩と腰を曲がる方向に向けることによって、よりスムーズになります。

エアバイクにまたがって考えてみて下さい。
まず、いつも自分がやるようなイメージで上半身を動かしてみて下さい。
ハンドルは最終的にどの位置にありましたか?
90度くらいの方、180度向けるような動きに変えてみて下さい。
右のときは右手を引くようなイメージでやるとよりスムーズかと思われます。

肩と腰のイメージがわかない方。
自分がゼッケンを着ていると仮定して、そのゼッケンを後ろにいる人に見せるような
かんじで肩と腰を動かしてみて下さい。
肩と腰、というより胸というイメージでしょうか。
私は、指導員の方に「見てー!」という気持でやっていました。

c0232584_20355191.jpg


④ニーグリップ
Uターン時のニーグリップは普段のニーグリップとは少し違います。
両足で同じタンクをはさんでもバランスがとりずらく、曲がっていかないので
曲がっていく方向に対して逆側の足でタンクを押します。
右に曲がるときであれば、左足でまわし蹴りをするイメージです。
右足はステップを後ろに蹴り飛ばすイメージで、これを目、肩、腰と同時に行います。
肩と腰が出来ていれば自然とニーグリップも出来るので、
まずはそちらを意識してみて下さい。

⑤ハンドルにしがみつかない
初心者の方に多いのがこれです。
バイクが曲がろうとしているのに、ハンドルにしがみついて
曲がりきれないと思って今度は無理やりハンドルをきって…
ということを繰り返すと凄くバランスが悪く、ふらつきます。
曲がりきれないのではなく、自ら曲がろうとしているバイクを邪魔しているんです。
私もそうでした。
バイクを信用しておらず、ニーグリップも疎かだったため、
ハンドルにしがみついていました。
勇気をだして、倒れる覚悟でハンドルにしがみつくのをやめたところ、
いつもより格段にスムーズに曲がることが出来ました。
自分がバイクの邪魔をしてただけだった…と改めて思いました。

一度きっかけを与えてあげれば、バイクの特性のセルフステアで
あとは勝手にバイク自身がつれていってくれます。
重要なのは、バイクの自然な動きをいかに邪魔しないかということです。
自分で曲がろうとせず、きっかけだけ与えて、後はバイクに任せてみて下さい。


※この記事を読んで理屈を理解しても、Uターンが出来るようになるわけではありません。
練習して初めて身につく技術です。
練習も、一人ではなく、ライディングスクールのようなものか、
ベテランの方に見てもらうことをオススメします。

長くなりそうなので分割させて頂きます。
[PR]
by smallrider | 2012-02-19 20:42 | ライディングスクール