151cmで大型二輪免許持ちのちびライダー。教習やライスクに疑問がある方は、カテゴリ質問・疑問まとめへ。リンクフリーサイトです。


by smallrider
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「第一段階」6時限目


こんばんはー!
今日は雪が凄かったです。
朝起きたときには積もっていて、ずっーと降り続けていました。
でもそのおかげで、私の相棒は
c0232584_2302180.jpg
雪まみれです…´`。
今週の日曜は府中のライディングスクールに行けるのでしょうか…
自宅前の道路は交通量が少なく、日陰なこともあって
この前雪が降ったときもかなりしつこく残っていました。
雪かきが出来ればよかったのですが、今日も就活があり、
そういうわけにもいかず…´`

そうそう、電車に乗っているとき、秒速5センチメートルを思い出しました。
雪の日、主人公が電車に乗って彼女に会いに行くシーンがあるんです。
背景が凄く綺麗なアニメです…!
c0232584_23253230.jpg
鬱々したアニメが苦手な方は要注意ですが…!


「第一段階」6時限目:直線バランス(平均台)、旋回バランス

狭路・スラロームを無事クリアすると、次は平均台に入ります。

①いつも通り発進停止の練習
     ↓
②いつも通りギアを3速まであげて周回
     ↓
③平均台の練習
この辺りの教習からは、他の教習生とメニューが異なります。
教習生2人につき、1人指導員の方がついて下さいます。

②の練習の後、狭路とスラロームを走行する練習をまた行うのですが、
指導員の方が大丈夫そうだと判断された順番に呼ばれ、説明を受けます。
先に呼ばれた人の説明が終わるまでは、永遠と狭路・スラロームを
繰り返して待ちます。
説明を受けた後は、狭路→スラローム→平均台→狭路…といったように
今までのサイクルの中に課題が追加されます。
基本的にこのような流れで教習は進みます。

平均台は幅30cm、長さ15mの台の上を走行するものです。
普通二輪では7秒以上、大型では10秒以上かけて、ゆっくり走行します。
低速でのバランスがとれるように、このような練習をします。
何が役に立つんだろうと思っていましたが、一般道に出て、
初めて渋滞につかまった際、とてもこの教習が役に立ちました。

平均台に対する説明は、最初特に無かったように思います。
1回目は、指導員の方が走行するのについていく形で
スピードもバランスも何も気にせず走行しました。
平均台については、この1回目がかなり重要だと思います。
最初に渡りきることができ、自信がつくと、その後も割とすいすい上達します。
スピードを最初から気にして落ちてしまうと、落ちる癖がついてしまい、中々抜け出せない…
私が把握できた範囲での教習生は、このような傾向がありました。

とりあえず、渡りきれるようになるまで、速度は気にしないで下さい。

Q.20平均台が上手くできない…

point1.目線
とにかく遠くを見る
平均台が苦手な方は近くを見ていることがほとんどです。
私はこのぐらい遠く↓を見ていました。
c0232584_09792.jpg

約90m先です。
c0232584_011937.jpg


point2.アクセルとクラッチとリアブレーキ
前に進もうとする力があると、二輪は安定します。
アクセルはある程度あけて走行して下さい。
難しくて出来ない方は、あけすぎてもかまいません。
速度はクラッチで調整できます。
アクセルは一定量あけ続け、スピードが速くなったらクラッチを少し握る。
遅くなりすぎたらクラッチを少しはなす。
右手はずっと固定で、左手で速度良節して下さい。
私はこれで走行できたので、リアブレーキを使うことはあまりしませんでした。
逆にこれ以上ないくらいゆっくり走行していたので、
リアブレーキを使うとエンストしそうになりました。
アクセルあけられるけど、クラッチが上手くいかない方については
リアブレーキでの速度調節をオススメします。

point3.ニーグリップとハンドル
どんなときでも、ニーグリップは言うまでもありません。
やり方がわからない方は過去の記事を参考にして下さい。
ニーグリップをしっかりすることで、ハンドルを握る手を楽に自由にします。
ニーグリップがままならず、肩が張ってしまうと、アクセルやクラッチ、
ハンドルの操作が上手くできないので気をつけて下さい。

ハンドルは、まっすぐ向いた状態で全く動かさず進むのではなく、
こまめに左右に振って、小さくふらふらしながら進みます。
c0232584_0393763.jpg
まっすぐ進もうと思って、ハンドルを固定してしまうと簡単に落ちます。
小さく小さく修正しながら走行して下さい。

大型は、中型よりもクラッチの操作がシビアになります。

平均台はこの時間以内に7秒以上かけての走行が求められます。
出来ない場合は復習という形になりますが、私は平均台だけは得意だったので
復習はまぬがれました。
教習中のみなさんも、きっとなんとかなります!
[PR]
by smallrider | 2012-03-01 00:47 | 教習