151cmで大型二輪免許持ちのちびライダー。教習やライスクに疑問がある方は、カテゴリ質問・疑問まとめへ。リンクフリーサイトです。


by smallrider
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2012年 03月 18日 ( 1 )

転倒しました。


こんばんは。
今日は午後から雨がぱらついて、絶好の転倒日和でした。

以前Uターンの方法をご紹介した、初心者向けのライディングスクールに行って参りました。
毎回同じ方が指導に当たってくれるので、目新しい知識はありませんでしたが、
それでも毎回凄く勉強になります。

私はエンジンがかかるのが遅く、後半になると良いけど、前半は…\(^o^)/なかんじでした。
指導員の方にも、「エンジンかかるの遅いね」と言われてしまいました…!
言われたことはすぐ出来るのですが、それまでは何となくで走行してしまいます。

説明→走行→説明→走行の繰り返しなのですが、
2回目の説明が終わって、頭の中がぐちゃぐちゃになっているときに悲劇は起こりました。
1.目、肩、腰…2.ニーグリップ、3.ドアノブグリップ…と考え事をしながら
発進しようとしたところ、クラッチを勢い余ってはなし過ぎて…パタン!と転倒しました。
発進時にエンストさせてコケたのは始めてで、教習所でもやったことがありません…
ショックと言うより、恥ずかしさの方が先に襲って来ました(/ω\)

幸い、かなりゆーっくり倒れ、途中で指導員の方が支えてくれたこともあり、
大きな音がしなかったので、気づいたのは同じグループの方たちだけでした。
それにしてもエンストなんて、なんて恥ずかしい失態をおかしてしまったのでしょう…!
穴があったら入りたかったです。泣

最も、この話は雨が降る前の午前中の話です。
本当の悲劇はこれからです…!

雨の中、Uターンの練習中、前を走行している人が滑っているのを見て、
怖気づきながらも何とか走行していました。
絶対コケる…!と内心思いながらも、何故か何事もなくスクールは終了。

このライディングスクールを行っている場所は、一般道より高さが低い位置にあり、
入り口の坂道は砂利が積みあがって出来ています。
指導員の方も、いつもより滑りやすいかもしれないから気をつけてね~と仰っていって
私はこれは絶対フラグ…!と思っていました。

歩道の先にスタッフの方がいて、道路の状況を見てくれています。
私は坂道の下に出来ている列に並んでいました。
前に1人いて、1列で並んでいたのですが、坂の上にいた人たちが一般道に出たので、
よし!行けると思って発進しようとしたところ、横から華麗に追い越され、
私が止まろうと思っていたところに停止をされてしまいました。
前に2人止まってしまったため、出口も平面で止まるスペースもありません。
私は急ブレーキをかけて止まりました。
しかし砂利道の坂の途中で上手く止まれるはずもなく、バランスは崩れ放題です。
ここで…コケたら…バイクが…!と思った私は、左足で懇親の力を使って踏ん張りました。
と、言うことでここでもセーフ。

最後に無事家に着き、バイクに乗った後は行うようにしている
センタースタンドをかける練習をしました。
しかし、センタースタンドをかけようとしたその瞬間…濡れていた足がつるっとすべり、
バイクは無残にも私の手から離れていきました。
そのまま家の壁(塀?)にぶつかり、バックミラーがおじゃんに…(´・ω・`)
とりあえず家の駐車場に入れて、エンジンをかけようとしたところ、全くかからず…(´`)
転倒した後は、アクセルを回しながらエンジンをかけると良いと教習所で教わったのを思い出し、
実践してみるも、全くかからず…(´`。)

バイク屋さんに電話してみたところ、夜の19時には引き上げに伺うと言って下さいました。
こうなって初めてわかるバイクの大切さ…
言いようの無い寂しさに襲われました。
自分が本当に今のバイクが好きなことを実感しました。

こんなご主人でごめんよ…とか思いつつ、バイク屋さんを待つこと数時間。
工場の方が来てくださって、これでしばらくは離れ離れ…と思っていたのですが、
鍵を渡してエンジンをかけてもらったところ、
ぶおおぉんぶおおおぉぉおぉん!!
…!!かかるじゃないか…!私は目が点になりました。
転倒した後はエンジンがかかりにくいですが、アクセルを回せば良いとのこと。
あれ…?私さっきやってたんだけどな…
何かコツとかあるのでしょうか?
でもまあ、これで離れ離れにならなくて済むので良かったです(`・ω・´)
折角遅い時間に来て頂いたバイク屋さんに申し訳ないと思いつつ、
バックミラーの件だけお願いしました。

とりあえず、今日のことは良い経験になったので、もし出先でトラブルが発生しても
バイク屋さんに電話!という形で対処出来るかな…と思います。
バイク屋さん、遅い時間に呼び出してごめんなさい。
本当にありがとうございました!
[PR]
by smallrider | 2012-03-18 20:38 | ライディングスクール