151cmで大型二輪免許持ちのちびライダー。教習やライスクに疑問がある方は、カテゴリ質問・疑問まとめへ。リンクフリーサイトです。


by smallrider
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ニーグリップ。


こんにちは。
私はバイクに乗りたくて免許を取ろうと思ったわけではないので、
ニーグリップという言葉は教習所に通い始めてから知りました。

「ニーグリップ!ニーグリップ!」と注意を受けるのですが、
ニーグリップが何なのかよくわかっておらず、どうやってやるのかも
全くわかりませんでした。
知ってて当たり前のこととして扱われていたので、中々質問も出来ずに卒業してしまいました。


Q.9 ニーグリップって何?

バイクの乗車姿勢の1つです。
バイクは曲がるときに車体を傾けるので、ニーグリップをして下半身をしっかり安定
させないと、バランスをとることが出来ません。
ハンドルだけにしがみついていると、車体が傾く→更にしがみつく→
ハンドルがスムーズにきれない→焦ってハンドルを無理やりきる→
更にバランスを崩す→更にしがみつく…という悪循環になります。
発進、停止などの速度を変化させる際も重要で、ニーフリップをしていないと
体が前後に動いてとても格好悪いです。

教習所で出来るかはわかりませんが、左折するときには右足でタンクを押すことで
よりスムーズに安定して曲がることが出来ます。
その他、右折、8の字、スラロームなども同様です。


Q.10 ニーグリップのやり方は?

簡単そうに見えて最初は中々難しいニーグリップ。
膝ではさむのか、太ももの内側ではさむのか、どのくらいの力ではさむのか、
私は全然わかりませんでした。

これはよく言われることですが、バイクにまたがったとき、
つま先を内側にむけ、内股になるように乗ってくみて下さい。
そうすると自然と足に力が入るので、内股でいるだけで疲れると思います。
その時使っている筋肉が、ニーグリップの時使用する筋肉です。
あまり大げさにやらなくても良いと言われると思いますが、
是非大げさにやって疲れてみて下さい。

イメージ的には、おしりから膝まで力を入れるかんじです。
私は、ステップに乗せていた足で踏ん張って乗ってしまっていました。
相当力をかけていたので、ギアが勝手に下がってしまったりしました。

きちんとした乗車姿勢をとることが出来ると、おしりから膝までの筋肉と
おしりと腰の境界の辺りの筋肉に私は力が入ります。


Q.11 乗車姿勢がよくわからない…

最初のうちは、色々言われても覚えきれないと思います。
ポイントを絞るとすると、
①ニーグリップをして下半身を安定させる
②上半身は少し前のめりになるようにする
 (これをやると本当に操作がスムーズになります。)
③肩には力を入れず、リラックス
これだけで大丈夫です。
上半身の傾け方は、猫背になるように傾けた後、胸をはります。
このようにすると、恐らくおしりと腰の境界の辺りの筋肉に
力が入るのではないかと思います。
曲がるときは、フランダンスのように腰から下を動かしてバランスをとるかんじです。

細かい説明は後々更新して行こうと思います。


中々上手く説明できなくて申し訳ないです。
[PR]
# by smallrider | 2012-02-12 11:15 | 教習

乗車と降車。

こんばんは。
二輪の教本とカリキュラム表を必死になってここ数日探していました。
全て一緒にしておいたので、おかしいな…と思いながら探していました。

最終的には見つかったのですが、なんと、目の前にある
黒いプラスチックのケースに全てきちんとまとめてありました。
中身が見えなかったので、全然気がつかなかったようです。
歳をとるごとに視野が狭くなっているような気がします…


今日からは教習中のアドバイスに戻したいと思います。
免許を取得してしまった人には、何でもないようなことが多くなると思います。
いつも勝手な事情で書くことを決めて申し訳ないです。


Q.7 乗車の方法は?

まず、両手でハンドルを持ち、右手はそれと同時にフロントブレーキをかけます
次に車体をゆっくり垂直に起こすのですが、このとき、
腕の力だけで起こすのではなく、主に腰(私だとあばら骨の横の辺り)で押して
車体を起こすようにします。
腕はハンドルを持って支えるだけで、起こす力はかけません。
車体を垂直に起こしたら、サイドスタンドをはらいます。
サイドスタンドをはらうときふらついてしまう方は、車体を垂直のまま維持することに
意識を置いてください。
ブレーキはずっと握ったままですので、自分で余計な力さえかけなければ
バランスを崩してふらつくことはそんなにありません。
最初は怖いかもしれませんが、慣れればなんともなくなります。
次はいよいよシートにまたがりますが、背の小さい方はこのときふらつくことが
多いのではないかと思います。
またがるときは、前に体重をかけて車体を安定させるイメージでやるといいです。
タンクの上辺りに上半身をもってきてまたがるようにすると、
随分と乗りやすくなると思います。

最初はゆっくりやることが大事です。
スムーズに!とか言われても気にせずマイペースで行きましょう。


Q.8 降車の方法は?

フロントブレーキをかけたまま、ゆっくり降りるよう心がけて下さい。
私は大型で1番苦手だったのが降車でした。
降車のとき、車体を垂直に保ったまま降りるのが中々出来ませんでした。
ポイントは乗車と同様で、前に体重をかけて降りることです。
右手と左手と胸の辺り、この3つを結んで3角形をつくって
その3角形に体重をかけるイメージで降車します。
そのようにすると、車体が傾かなくなり、ふらつくこともありません。
サイドスタンドをかけるときも、バランスを1番に意識します。
サイドスタンドの場所がよくわからない…という方は、乗車のときに
きちんと確認をして、早めに覚えてしまって下さい。
バイク自体のバランスは、指1本でもとれます。
垂直になっていれば、重い!とはいうことはありませんので、
サイドスタンドを立てる際には是非ともバランスを意識してみて下さい。

サイドスタンドをたてた後は、しっかり最後までかかっているか
思いっきり蹴るなどして確認をして下さい。
中途半端にサイドスタンドを立てたままバイクを預けてしまうと、
当然のことながらバイクは倒れます。
免許取得後もそのようなことがよくあるということでしたので、
教習所のうちから、サイドスタンドが最後までかかっているか
確認する癖をつけておくといいと思います。


それではまた明日。
[PR]
# by smallrider | 2012-02-10 23:03 | 教習

こんばんは。
今日は府中にあるよだれ屋というお店で吞んできました。
お酒も食べ物も全て美味しいのでオススメのお店です。
みなさまもよろしかったら是非。
(人気のお店なので予約することをオススメします。)


セーフティライディングスクールのレポートは一応、今日で最後になる予定です。
四輪コースでのスラロームの説明をして終わろうと思いますが、
何か足りない点、不明な点などありましたらコメントにてお知らせ下さい。


Q.16 四輪コースでの総合スラロームって?①

このスクールで最後のまとめとしてやる課題です。
3つの課題を終えた後、みんなで四輪コースに集まって走行します。
6グループに分けられ、2つのコースを3グループずつで走行します。
このグループ分けの方法は説明があるとは思いますが、
最初に分かれるときは、
左の列←真ん中→右の列
上級者  中級者  初心者
というかんじになります。
不安な人は1番右の列に入ってください。
※みなさん最後は結構とばすので、気をつけてください。
なお、列の中でも前の方と後ろの方では結構差があり、
前に行けば行くほど早くなります。
1番右の1番後ろだと、完璧に自分のペースで走れます。

総合スラロームは2コースあるので、2つ目はQ.17で紹介したいと思います。
ざっと走行するコースです↓
c0232584_2131163.jpg
①四輪用のクランク ②二輪用のS字 ③Uターン ④二輪用のクランク
※1 S字に入る前のパイロンは割りときつい設定です。
※2 上り坂になっています。(パイロンを2つ抜けるまで)
※3 下り坂になっています。
※4 中央(写真では見切れています)の片側2車線の道路では、前後の順番の入れ替    えが可能です。前と間が開いてしまう人は、ウィンカーなどを出して、列の後ろに     つくようにしましょう。



Q.17 四輪コースでの総合スラロームって?②

上記のコースは6グループに分かれたとき、右半分のグループが先に
走行するコースです。
左半分の3グループの人は以下↓のコースを先に走行します。
c0232584_221218.jpg
①二輪用S字 ②二輪用クランク 
※1 クランクから出た後~S字走行中は前が見えにくいです。
    渋滞になるときもありますので、十分車間距離を開けて走行して下さい。
※2 上り坂になっています。
※3 左折する辺りから下り坂になっています。
※4 中央の片側2車線の道路では、前後の順番の入れ替えが可能です。
    前と間が開いてしまう人は、ウィンカーなどを出して、列の後ろにつくようにしましょ    う。


写真で見ると2つとも簡単そうに見えますが、実は結構長くて難しいです。
前の人とはぐれてしまって途中でコースがわからなくなった場合は、
その場で停止していてください。
後ろの人、もしくは指導員の人がコースを教えてくれます。
前の人とあまりにも間が開き過ぎる場合は、後ろに下がるのが懸命ですが、
あまり詰め過ぎても危険なので、その辺りにも注意をして下さい。

各コースとも、走行し終わった後は中央の広い道路に戻ってきます。
再度出発する際は、先頭の指導員(または白バイ)の方が右手をあげるので、
前の人が挙げたら自分も右手を挙げて、後ろの人に知らせてあげましょう。
なお、コースの入れ替えは、指導員の方たちがしっかり行ってくれます。
むやみに列を移ったりせず、指示に従って下さい。


今回はいつにもまして大雑把になってしまいました。
大変申し訳ないです。
とりあえずはこれで府中セーフティライディングスクールの説明を終わりたいと思います。
これから参加する上で何か新しい情報があれば、随時更新していきます。
[PR]
# by smallrider | 2012-02-09 22:01 | ライディングスクール